お知らせ news

自動車学校に通う時の服装はどこまで許される?【ネイル・スカート・カラコン】

これから自動車学校に通う方や現在自動車学校に通っている方の中には、「どんな服装で教習を受けたら良いか」悩んでいる方もいらっしゃるはずです。今回は、ネイルやスカート、カラコンをはじめとしたアイテムについて、自動車学校で教習を受ける際にはどこまでが認められるのか解説していきます。教習をスムーズに進めるためにも、事前に要件を確認しておくようにしましょう。

自動車学校には服装の規定がある?

ほとんどの自動車学校には、教習を受ける際の服装に関する規定があります。つまり、教習を受けても良い格好と、そうでない格好があるのです。なぜこのような規定が設けられているのでしょうか。また、この規定を満たすことができないとどうなってしまうのでしょうか。順に解説していきます。

基本的に基準は「運転に適しているかどうか」と「本人確認」

教習を行うにあたって、服装やアクセサリーの規定が設けられているのには、主に2つの理由があります。ひとつは「運転に適した服装をしてもらうため」です。技能教習を行う際には、実際に自動車に乗って運転を行わなければなりません。その際、運転に適さない服装やアクセサリーを身につけていると、事故を起こしてしまう危険性が高まります。安全に教習を進めるために、規定は事前に確認しておきましょう。

また、本人の確認をスムーズに行うために着用が禁止されているものもあります。たとえばカラコンは、運転に直接支障が出ることはないかもしれませんが、本人確認を妨げてしまうため、教習中に装着することはできません。

教習を受けることができないという状況を防ぐためにも、「これは大丈夫かな」と不安になった場合は、事前に自動車学校への確認を済ませておくことをおすすめします。

規定をクリアしないとどうなる?

もし、自動車学校が定める服装規定をクリアできていない場合には、指導員から該当する服装やアクセサリーを外すよう指示されます。そこで規定を満たすことができるようになれば、教習を続行することが可能です。ただし指導員の指示に従わない場合や、すぐに改善することができない場合には、教習中止という判断になることもあります。改めて教習の予約を取り直さなければならないとなると、卒業時期もずれ込んでしまうでしょう。教習中は少し我慢して、自動車学校を出てから存分にオシャレを楽しむことをおすすめします。

学科教習では関係ない?

自動車の運転を行わない学科教習では、服装規定を守らなくても良いのでしょうか。答えは「NO」です。学科教習の場合でも、本人確認を行う際には顔をしっかりと確認できるようにしておかなければなりません。また、人命救助の仕方を学ぶ「応急救護教習」では、動きやすい服装をしておかなければなりません。学科教習だからといって服装規定が関係ないわけではないのです。

これはOK?気になる服装規定


さて、ここからは実際の服装について、ひとつひとつ規定を確認していきましょう。うっかり身につけて自動車学校に通ってしまうこともあるかもしれません。家を出る前に気づくことができるよう、事前に確認を徹底しておきましょう。

①サンダル・クロックス

サンダルやクロックスは、自動車の運転中にペダル操作を誤ってしまう恐れがあることから、着用を「禁止」されています。足の甲を覆うタイプのサンダルも、同様の理由で着用することができません。

②ロングブーツ・ムートン

ロングブーツやムートンも、サンダルと同じように運転に支障が出てしまうので「NG」です。寒いとついこうした靴を履いてしまいますが、教習の時だけは我慢しておきましょう。もしどうしても履きたい場合は、自動車学校でスニーカーなどに履き替えるようにすることをおすすめします。

③ネイル

ネイルについては、「場合によってはNG」です。多くの自動車学校では、ネイルについて「長すぎるものは禁止」というような文言で規定されています。東山自動車学校でも、ハンドル操作に影響が出てしまうような長いネイルは禁止しています。ハンドルを操作する上で支障が出ないようなネイルであれば着けていても問題ありません。ただし、教習中にネイルが破損してしまっても自己責任となってしまうので、その点は注意しておきましょう。

④カラコン・ディファイン

冒頭でご説明した内容と重複する部分もありますが、カラーコンタクト(カラコン)やディファインは本人確認を妨げてしまうため、装着が禁止されています。「目だけなら大丈夫」だと思っていても、指導員は本人確認や教習で教習生のことをよく見るようにしています。トラブルを避けるため、カラコンやディファインは外してから教習に臨みましょう。

⑤帽子・ウィッグ

帽子やウィッグについても、本人確認や教習中の視界確保の観点から、基本的に「着用することができません」。ただ、病気やケガ等の理由でやむを得ず装着している場合は、その限りではありません。帽子やウィッグの装着が必要な方は、ぜひ事前にご相談ください。

⑥スカート

スカートの着用自体は禁止されていませんが、スカートを着用して教習を受けるのは可能であれば「避けた方が良い」でしょう。技能教習中は、アクセルペダルやブレーキペダル、加えてマニュアル車の場合はクラッチペダルの操作を行います。短いスカートを履いていると操作に集中できない可能性があるため、パンツスタイルで教習に臨むのがおすすめです。ロングスカートも車両のドアに巻き込まれてしまうことがあるので、避けた方が無難でしょう。

事前に規定をチェックして不安があれば確認を

今回は、自動車学校で教習を受ける際の服装に関するトピックをご紹介しました。オシャレをしたいという気持ち自体はよく分かりますが、自動車学校で定められている服装規定にはそれぞれ理由があります。事前に規定を確認し、分からない部分は担当者に聞いてから、万全の状態で教習に臨みましょう。